PROCESS

製造プロセス

本社工場 
単品大物・製品のプロセス

発泡スチロール フルモールド鋳造法

本社工場では、ダイホルダー、樹脂型用Hi-Duc鋳物、樹脂型関連鋳物のFMC模型からの一貫生産のほか、プレス型鋳物、産業機械用鋳物を生産しています。 特に、樹脂型用Hi-Duc鋳物は、ダイホルダーに代表される極厚ダクタイル製品を長年にわたり鋳造し培った技術の集大成であり、オンラインによるCADデータの受信、FMC模型の製作から鋳造までを短納期で実施するという、金型製作コストの低減に苦労されているユーザーのみなさまに自信を持ってお勧めできる製品であります。 また、本社工場には充実した機械加工工場が併設されており、鋳造した製品をさらにお客様に使いよい状態に加工して出荷する体制をとっております。ダイホルダー、樹脂型鋳物などにつきましては、面削加工から全加工まで、お客様のご要望に応じた加工を承っております。すべて品質についてはJIS G5502認定、ISO9001認定証取得の折り紙付きです。

その他の樹脂型用Hi-Duc鉱物 FC/FCD

オンラインCADデータから鋳物まで

山梨工場
量産小物・製品のプロセス

山梨工場は多数個ロットの量産品工場です。主としてエアコン部品、自動車部品、産業機械部品を2台の高速鋳造ラインで生産しております。量産部品鋳物の多くは納入先の全自動化された加工ラインで精密加工されるため、形状精度はもちろん、材質、硬度などのほんのわずかなバラツキでも加工工場の生産効率を左右し、加工コストや仕上がり精度に大きな影響を与えます。また、部品として機械内部に組み込まれるため、当然メーカー製品の性能や寿命に多大な影響を与えます。世界中の数千万台を上回るエアコンや冷蔵庫のコンプレッサー主要部品として今も稼動しているという私たちの鋳物の実績こそ、その高精度、高品質の証です。決して表に出ることはなくても、世界中の人々の暮らしを支える力となっている山梨工場の製品は、もちろん、JIS G5502認定,ISO9001認定証取得の品質です。

工程

TOKYU自動高速造型ライン

TOKYU注湯風景

MC加工

DISA231全景

DISA自動注湯機

鋳造製品

品質管理

金属顕微鏡
球状化率画像解析装置

三次元測定器

発光分光分析装置

ページの先頭へ
Copyright © 2007 SUGIYAMA Co.ltd All Rights Reserved.